クレジットカードの現金化って債務整理にどんな影響があるの?

債務整理をする方は、基本的に毎月収入に対し返済能力がない状況すなわち債務超過に陥っています。

特に多重債務状態が非常に多く、借りては返すといった自転車操業状態であり、闇金融の利用ややクレジットカードのショッピング枠を現金化していることもあります。
しかし、債務整理においてクレジットカードの現金化とは、大きな問題を引き起こします。

任意整理の場合、クレジットカード会社との交渉が難航!敢えて、債務者リストに載せいない方が良い。

大きな問題

先ず、債務整理の中でも比較的に将来的なリスクが少なく、毎月の返済額を下げる方法として任意整理があります。
実際のところ、あくまで債権者との和解交渉であり、互いの合意によることが重要です。

しかし、クレジットカードの現金化についてはギフト券などをクレジットカードで何度も購入していた場合、履歴からいとも簡単に分かってしまい、目的を問われる可能性があります。

その結果、ショッピング枠が現金化されたと判断された場合、和解交渉どころか訴訟問題にまで発展する可能性があります。

さらに、闇金融は貸付自体が違法となっており、返済義務が生じないのに対し、クレジットカードの現金化業者については取り締まる法律が無いため、相手に交渉をすることも出来ません。

結果的に、任意整理においては和解せず、特定調停に持ち込むか、任意整理の対象から外す必要が生じます。

自己破産や個人再生では不利な状況に!免責許可決定後の意見期間に意見書が提出されるかも?

自己破産や個人再生は、借金を大幅に減額する方法であり、裁判所へ借入理由や借入履歴など様々な書類が提出されます。

そもそも、クレジットカードの現金化いついては免責不可事由に該当する行為であり、裁判官の心象が非常に悪い他、破産管財事件として取り扱われます。
さらに、破産管財人にとっても心象が悪く免責許可を得られる可能性が下がります。

また、債権者集会に債権者の代理人となる弁護士が出席する可能性もあります。
そして、最大の問題は、免責許可決定から確定までの約1ヶ月間の間にクレジットカードの現金化という行為について意見書が債権者から提出された場合は、免責許可が取り消される可能性もあります。

利用する際は全て自己責任であり、万が一の際は大きなダメージが残ることを理解する必要があり、実質的には預貯金の無い方は絶対に利用しないことがおすすめです。

クレカのショッピング枠を現金化するための方法とは?

クレジットカードの現金化というのはクレジットカードのショッピング枠を使って現金化する手段です。 現金化のための方法はいくつかあり 買った商品をそこで預けて、預けた業者が質屋の様に納めてくれるやり方 業者が取り扱っている価値のない品物を高額な値段で購入した後キャッシュバックするやり方 業者にクレジットカードの決済を任せて、その分のキャッシュバックをもらうやり方 業者側が指定する商品
» クレカのショッピング枠を現金化するための方法とは? の続きを読む